ひだまりロゴマーク

電話/0749-55-3131

■ようこそ、ひだまりホームページへ!■----- Welcome to HIDAMARI -----
 

近江拠点求人

■4月新規開設事業所求人案内■

詳細をみる

研修会

■研修会のご案内■

詳細をみる

活動

■地域での活動■

詳細をみる

★★★ 新型コロナウイルス感染症関連対応情報 ★★★

2020/11/30
12月からの、特別養護老人ホーム・グループホームの面会についてNEW
近隣の都道府県および県内の感染者の増加により、滋賀県のステージが「注意ステージ」へ上げられた事もあり、面会については各地域交流室で窓越しでの面会とし、会話は携帯電話を利用する形にさせて頂きます。その代わりに米原市外の方も面会して頂けます。
ご家族様等にはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解とご協力のほどお願いいたします。
なお引き続き面会は、事前予約制となりますので、お問い合わせください。
お問い合わせ先は、特別養護老人ホームは、0749-55-3131 わが家ひだまり「担当トダ、若しくはコタニ」まで。グループホームは、0749-54-1122 縁ひだまり「担当イズミ、若しくはタカヤマ」までお願いします。

» 過去ログ

■新着情報・NEWS■----- What's New -----

2021/01/05
新年明けましておめでとうございます。
今春開設予定の近江拠点事業所オープニングスタッフ募集の案内をアップしました。NEW
2020/12/29
新年1月30日(土)彦根会場(ビバシティひこね)にて開催の「カイゴとフクシ就職フェア」へ出展いたします。NEW
当日、ひだまりはⅡ部14:30~17:00に出展いたします。
2020/12/29
工事進捗状況ページを更新しました。
2020/12/24
法人概要ページを更新しました。新任理事として、ひだまり職員の若林成享(一色拠点長・理学療法士)が理事会で推薦され12月22日の評議員会にて承認されました。
2020/12/23
求職者向け、ひだまり紹介の動画をアップしました。
2020/12/10
クラウドファンディング活用支援事業★開始から10日目で目標額を達成!有り難うございました。
2020/12/08
ひだまりのクラウドファンディング活用支援事業への 応援メッセージを更新しました。
2020/12/03
求人情報を更新しました。
2020/12/03
ひだまりのクラウドファンディング活用支援事業へ 応援メッセージをいただきました!
2020/12/02
新規事業の工事進捗状況ページを更新しました。
2020/12/01
 米原市クラウドファンディング活用支援事業のページをアップしました。
『立位保持装置』を導入して障がいのある子どもたちの生きる力や意欲につながる環境を整えたい!
ひだまりが実施するプロジェクトを「ふるさと納税」で応援してください!
詳しい内容は、こちらで確認ください。

» 過去ログ

■社会福祉法人ひだまり■

~子供からお年寄りまでが集える居心地の良い場所でありたい!スタッフ全員がそんな想いで日々の支援に取り組んでいます~


★ 求む!あなたの情熱!スマイル!本気! ★

カモンベイベ


★ The Monthly HIDAMARI ★

安全祈願祭

タイトなスケジュールの中、関係者様のご協力を得て、9月28日に近江拠点での新規事業の新築工事安全祈願祭を秋晴れの下、無事に終了いたしました。
米原市長・長浜市健康福祉部次長をはじめ、多忙の中御出席頂きました方々には、あらためましてお礼申し上げます。3月の竣工まで安全に工事が終えるのを祈念しつつ、ご近所の方々には何かとご迷惑をおかけする事も御座いますが、どうぞご理解とご協力のほど宜しくお願いします。
また工事の進捗状況などは、こちらでもご報告させて頂きます。
当日の様子はこちらでどうぞ。
工事進捗状況はこちらでどうぞ。


■ ひだまり理念 ■

理念


■ 理事長挨拶 ■

理事長 ひだまりは平成15年に、たった二人のお年寄りの預かりからスタートしました。そして、病院看護師として働いていた私にとって、ひだまりのスタートが在宅福祉への関わりの原点となりました。
たった二人のご利用者様。だけど、それぞれに認知症を患ったお二人は、毎日互いに違う行動をとられ、思う様に支援が出来ず、正直「なんて介護は難しいのだろう…」と悩みました。今振り返ると、きっとその時の私は「要介護」や「認知症という病気」ばかりに目を向けていて、「人」という大切な部分をしっかり見ていなかったのだと思います。
そして、このお二人は、数年間の関わりの後、一人は在宅、一人は施設で人生の最期を迎えられました。このお二人との出会いがあったからこそ、今のひだまりがあるのだと思います。
地域福祉に関わりだして以降、私はいつも心に問いかけています。「年を取っても、認知症になっても、障がいを持って生まれても、地域で住み続けるために私自身が出来る事って何だろう?」
そして、この先もずっと、この自問自答を繰り返しながら歩いて行くのだと思います。年を取っても、認知症になっても、障がいを持っても、自分のことが自分で決められる様に、そして住み慣れた地域で普通に暮らし続けられる様に…。
ひだまりに関わってくださる全ての皆様に、心から感謝を申し上げ、これからも全力を尽くしていきたいと思います。

社会福祉法人ひだまり理事長 永田かおり